3月 21日金曜日 午後8時 Palo Alto
3月のギークサロンでは、ソニー株式会社でロボット開発・新規事業開拓に携わる田中 章愛氏をお迎えします。
田中氏は品モノラボというMeetUpやデザインユニットVITROといったMaker的モノづくりを通して日米で活躍されています。
個人やスタートアップにおけるモノづくりはこの数年大きな転換点を迎えています。
Makersムーブメントから始まった流れは昨年ハードウェアスタートアップ元年として花開き、シリコンバレーを中心としたムーブメントは既に世界中に波及しています。日本からも数多くのハードウェアスタートアップが誕生し、シリコンバレーにやってきて世界に挑戦する姿を数多く目にするようになりました。


これは突然湧いたブームでしょうか?それとも更に大きな産業が沸き起こる予兆なのでしょうか?
そしてその時、個人や企業はこの新しい流れとどう付き合っていくべきなのでしょうか?
本サロンではスタンフォード大学にて客員研究員として留学しベイエリアの様々なコミュニティで活躍されてきた田中氏にお話を伺います。
・ハードウェアスタートアップと従来の開発方式・環境の違い
・それを生む源泉となる大学内部の動き
・そしてそれを取り巻く企業・マーケットの状況
これらを活発にディスカッションしながらこれからの新しいモノづくりについて一緒に考えて行きたいと思います。
スピーカー
————————————————–
田中 章愛(たなか あきちか)
2002年 佐世保高専卒業
2006年 筑波大学大学院修了
2006年 ソニー(株)入社
2013年 スタンフォード大学客員研究員
ロボコン好きが高じてメカエンジニアとしてロボット開発、ユーザー調査、ビジネス開発に関わり、きちんと使って喜んでもらえるロボット作りを追及している。
その傍ら2011年友人のデザイナー高橋良爾とデザインユニットVITROを結成し、イタリアミラノサローネ等で独自のプロダクトを発表。
また個人・企業・スタートアップなどの垣根を越えて、届けたい人にきちんと響く本来のモノづくり文化とコミュニティを作ることを目指したMeetUp、品モノラボの発起人・運営委員としても活動している。
受賞:
ASIA AWARD2013 Young Creator
Macef Creazioni Giovani 2013
品モノラボ: http://www.meetup.com/shinamonolab/
デザインユニットVITRO: http://vitroproject.jp/
趣味はモノづくりとジャズトロンボーン演奏
————————————————–
日時: 2014年3月21日 金曜日 午後7時30分
場所: Wilson Sonsini Goodrich & Rosati
650 Page Mill Road
Palo Alto, California 94304-1050
(会場は弁護士事務所 WSGR のご厚意により利用させていただいております。)
進行:
19:30 開場、ネットワーキング
20:00-21:00 講義
21:00 質疑応答
21:30 懇親会
参加方法・参加費用【要事前登録】:
以下のeventbriteページから参加をお申し込みください。
https://www.eventbrite.com/e/jtpa-hardware-startup-tickets-10867327469
当日会場でのお支払いは受付しませんので、当日参加をお申込みの方も登録および会費のお支払いを会場にお越しになる前にお済ませください。
**申し込み手続きは参加費用のお支払いをもって完了とさせていただきます。尚、申し込み手続き完了後に参加をご辞退された場合、参加費はお返し致しませんのでご了承ください。
賛助会員10ドル、一般15ドル、学生5ドル (前日にお申込み受け付けを締め切ります)
学生の方は、割引価格でご参加いただけます。入場時に身分証をご掲示ください。
賛助会員につきましては、以下のリンクから45ドルの寄付金をお支払いいただければ、即座に賛助会員価格でお申し込みいただけます。賛助会員についての詳しい情報は、こちらのリンクをご覧ください。こちらのリンクから直接お支払いいただくことができます。 http://www.jtpa.org/donation.html
今回のサロン開催レポートを書いてくださるボランティア1名を募集しています。希望の方はseminar@jtpa.org宛てに「参加レポート」と記載してご連絡ください。原稿料として参加費を無料にいたします。(先着1名様のみ。)
食事: ドリンクが提供されます。夕食は提供されません。
“JTPA seminar sponsored by Wilson Sonsini Goodrich & Rosati”