カテゴリー: 技術交流会 Page 1 of 4

みんなでやろうDL オンライン勉強会 – 2nd Season

シリコンバレーや日本の先端分野で働くエンジニア/リサーチャーによるML/DL勉強会、”みんなでやろうDL”勉強会がパワーアップして帰ってきた!

1stシーズンではML/DLの基本概念の習得とGoogle Colabを用いた演習のセットで全12回というロングランでした。2ndシーズン全6回で、各先端分野での応用や技術の詳細について切り込んでいきます。

“みんなでやろうDL”勉強会 1stシーズン”

“みんなでやろうDL”勉強会 2ndシーズン”

  • 2nd Seasonは 全6回 毎週木曜日 (日本時間金曜日) 開催 各回は1-1.5時間程度です。
  • 1st Seasonからの豪華な講師陣がそのままに、今回は講師の著書や著論文に沿ったトピックを伺います。
  • 全体的には中級者向きですが、初心者にも配慮した内容です。特にMLの先端領域での応用にフォーカスを当てています。
  • 質問などもしやすい雰囲気で交流用の会も準備しています。初心者大歓迎!
  • 講師による講義回が2回続いたのち、演習+LTの回を一回挟みます。こちらは初心者から上級者まで自由に質問して頂いたり、ネットワーキングや復習用に使って頂く時間です。

■ 参加者管理 / 参加申請

参加は無料です。下記サイトのJTPAグループにて各回のイベントより参加登録をお願い致します。

Meetup: https://www.meetup.com/JTPA-Japanese-Technology-Professionals-Association/

connpass: https://jtpa.connpass.com/

■ Day1 飯塚 修平 氏: “ベイズ最適化入門”

日時 米国時間(PST) 6/17日 8PM(日本時間 6/18 12PM)
時間 1 – 1.5時間
講師 飯塚 修平
ご経歴 2017年 東京大学大学院博士課程修了。現在は UX エンジニア / クリエィティブテクノロジストとして、機械学習を駆使したウェブサイト制作や展示作品に取り組んでおられます。ポートフォリオ: tushuhei.com
題材 オライリー出版 『ウェブ最適化ではじめる機械学習』
アジェンダ ベイズ最適化は最小の評価回数で未知の関数(ブラックボックス関数)の最大点を求めようとする枠組みです。人間の感性そのものをブラックボックス関数と捉えることで、グラフィックアート、インターネット広告、ウェブサイトの UI など、人間と機械の対話から人工物をデザインする手法として広く応用され始めています。今回の勉強会ではベイズ統計の基礎からはじめ、バンディットアルゴリズム、ベイズ最適化と発展させることでその理論と実装を学びます。なお、内容の多くは著書『ウェブ最適化ではじめる機械学習』(オライリー・ジャパン, 2020)に基づいています。

■ Day2 山下 力也 氏: “DLのComputational Pathologyへの応用”

日時 米国時間(PST) 6/24日 8PM(日本時間 6/25 12PM)
時間 1 – 1.5時間
講師 山下 力也 氏 (スタンフォード大 Department of Biomedical Data Science ポスドク)
ご経歴 京都大学医学部卒、京都大学大学院医学研究科博士課程終了。Ex-画像診断医。現在はスタンフォード大学にて機械学習などを用いることでBiomedical Dataからどのように知識を学ぶことができるかに興味をもって研究されています。
題材1 “Deep learning model for the prediction of microsatellite instability in colorectal cancer: a diagnostic study”
題材2 “Learning domain-agnostic visual representation for computational pathology using medically-irrelevant style transfer augmentation”
題材3 “Data valuation for medical imaging using Shapley value and application to a large-scale chest X-ray dataset”
アジェンダ
簡単な自己紹介
そもそもComputational Pathologyとは
自著論文の紹介
大腸がんのGenetic Subtype分類: 題材1

Computational PathologyにおけるStyle Transfer Data AugmentationによるDomain Generalization: 題材2
簡単に紹介
Data ShapleyによるData Qualityの評価とChest X-rayへの応用: 題材3
まとめ
Computational PathologyにおけるChallenges
最近の動向や個人的な興味
など

■ Day3 第一回 演習&LT会

日時 米国時間(PST) 7/1日 8PM(日本時間 7/2 12PM)
時間 1 – 1.5時間
アジェンダ LT希望者がいれば 6名まで1人2-3分程度で自分の興味や作ってみた物、作ってみたい物を自由にLTタイム 〜15分

演習ではColabやJupiterノートでの題材や気になる記事・論文などを参加者から上げてもらい、皆で動かしてみたり討論します。 〜45分

自己紹介・雑談・自由質問・ネットワーキングタイム 〜15-30分


■ Day4 数原 良彦 氏: “ニューラル要約技術の最新動向 (教師なし複数文書要約技術を中心に)”

日時 米国時間(PST) 7/8日 8PM(日本時間 7/9 12PM)
時間 1 – 1.5時間
講師 数原 良彦 氏 (Megagon Labs リサーチサイエンティスト)
ご経歴 2008年 慶應義塾大学大学院前期博士課程修了。2008年-2014年日本電信電話株式会社研究員、2014年-2016年株式会社リクルートホールディングス研究員およびMIT Media Lab Visiting Scientistを経て2017年より現職。博士(工学)。Megagon Labsでは自然言語処理とデータマネジメントに関わる研究開発をされています。
題材1 “OpinionDigest: A Simple Framework for Opinion Summarization”
題材2 “Convex Aggregation for Opinion Summarization”
アジェンダ
導入 & 文書要約技術の分類
抽出型 vs 抽象型
単一文書要約 vs 複数文書要約
クエリ指向 vs 非クエリ指向
教師ありの要約技術
seq2seq モデルのおさらい
参照要約を用いたニューラル要約技術
教師データは必要としない教師なし文書要約技術+自著論文紹介
Auto-Encoderと平均ベクトルを用いた教師なし文書要約
意見フレーズを用いた教師なし複数文書要約 (OpinionDigest)
潜在ベクトル最適化を用いた複数文書要約 (Coop)
その他の手法、テキスト以外の要約技術
まとめ: 最新動向と今後の展望
事前学習言語モデルを用いた要約技術
コントロールコードを用いた要約技術
など

■ Day5 林 鋭志 氏: “RadarNet: Efficient Gesture Recognition Technique Utilizing a Miniature Radar Sensor”

日時 米国時間(PST) 7/15日 8PM(日本時間 7/16 12PM)
時間 1 – 1.5時間
講師 林 鋭志 氏 (Google Advanced Technology and Projects)
ご経歴 京都大学修士課程(メカトロニクス)修了後、三菱電機株式会社にて主任研究員を経て、Carnegie Mellon University Human-Computer Interaction InstituteでPh.D取得。2016年よりGoogleのインキュベーションセクションであるAdvanced Technologies and Projectsにてセンサを用いたインタラクション技術の研究開発に従事されています。
題材 “RadarNet: Efficient Gesture Recognition Technique Utilizing a Miniature Radar Sensor”
アジェンダ 画像、テキスト以外のDLのアプリケーションとして、レーダー信号を用いたジェスチャ認識に関する主著論文を紹介頂きます。

■ Day6 第二回 演習&LT会

日時 米国時間(PST) 7/22日 8PM(日本時間 7/23 12PM)
時間 1 – 1.5時間
アジェンダ LT希望者がいれば 6名まで1人2-3分程度で自分の興味や作ってみた物、作ってみたい物を自由にLTタイム 〜15分

演習ではColabやJupiterノートでの題材や気になる記事・論文などを参加者から上げてもらい、皆で動かしてみたり討論します。 〜45分

自己紹介・雑談・自由質問・ネットワーキングタイム 〜15-30分

Tech Talk Vol.6 “コンピュータビジョン今昔物語” by 皆川卓也氏

JTPAではオンラインの勉強会として全6回の機械学習/ディープラーニングの勉強会をホストしてまいりました。その過程で非常に沢山の分野の技術がディープラーニングにより大きな性能の向上を果たしていることを見てこれたと思います。

今回のTech Talkイベントでは今までの勉強会の総集編として、株式会社ビジョン&ITラボ 代表取締役の皆川氏をお招きしてお話をして頂きます。皆川氏はこれまでにも数多くのコンピュータビジョンを用いたシステム・サービスをリリースしてこられた他、2010年より”コンピュータビジョン勉強会@関東”を主催されこれまでにも50回を超える勉強会をオーガナイズされてきています。

特にCVPR論文読み会など人気のある会では複数回に分けて開催されそれぞれ数百人以上が参加するほどの活況となっており、皆川氏はここ10年の画像処理技術とディープラーニング技術の動きについて非常に詳しくまた網羅的に理解されています。

当日は”コンピュータビジョン今昔物語”として、画像処理分野でディープラーニングが伸び始めたことで何が起きたのか。あるいは既存のアルゴリズムがディープラーニングにどのように置き換えられていったのかなど、今までの勉強会とは違って技術動向についてより広い視点でのお話を伺えればと思っています。

続きを読む

JTPA「みんなでやろうDL」オンライン勉強会

ディープラーニング/機械学習 オンライン勉強会 「みんなでやろうDLの会」開催のお知らせ

JTPAでは今までもディープラーニング(DL)/機械学習(ML)について多くのギークサロンやワークショップを開催してきましたが、今回は初心者を対象に隔週で全6回のDL/MLの勉強会を開催します。機械学習についてより高まっていく需要を背景に、DLの各基本概念や動作原理をコーディングを通して皆で学んでいく会です。

■「みんなでやろうDLの会」
Colabというオンラインでpythonのコードを実行できるツールを使って、オンラインのプロジェクトや教材を皆で実行しながら学んでいきます。隔週で開催し、全6回程度でDNNの基本知識や動作原理を体得することを目指します。

勉強会は前半45分と後半30分に分け、前半はDLのフレームワークであるKerasを使ってオンラインの既存の教材やプロジェクトをstep by stepで演習します。当日は下記JTPAのスタッフがコードの意味や基本部分を解説する予定です。

後半は通常のギークサロンライクに特別ゲストをお呼びして、より深い技術分野や旬の話題をご紹介頂きます。勉強会は Hangout Meets + nocnocを用いてオンラインでの配信/参加となり、参加は無料/自由入退出OKです。また希望者向けに、勉強会の次の週には自由にコードを復習したりスタッフに質問できる時間を用意します。

第1回 ML/DLの基本原理を理解 TensorFlow, Keras and deep learning, without a PhD 前半
特別ゲスト nVidia / 矢戸 知得氏
第2回 CNN / Dropout / 他各種テクニック TensorFlow, Keras and deep learning, without a PhD 後半
特別ゲスト スタンフォード大 / 山下 力也先生
第3回 RNN / 時系列データ処理 TBD
特別ゲスト Megagon Labs / 数原 良彦氏

続きを読む

Deep Learning 体験学習会

“Inside of Deep Learning あるいは深層学習は何を変えるか” に参加頂いた皆さま、ありがとうございました。先日の告知にもありましたようにDeepLearningの体験学習会を開催します。

2/10 (Fri) 19:00 よりサンタクララのHacker Dojoにて。
前回のスピーカーである西田 祐木氏、 山中 仁氏が各テーブルを回りサポートします。参加費は無料ですがご自分の作業できるラップトップをお持ち下さい。

当日用の資料はこちらです。
https://github.com/jiny2001/jtpa-dl-handson-course-materials


続きを読む

Tech Talks Vol.3 “Inside of Deep Learning あるいは深層学習は何を変えるか”

今回のTech Talksでは、過去にJTPAでスピーチを頂いた二人のエンジニアにお越し頂いてディープラーニング(DL)の仕組みと現状をより詳細に解説します。

各方面で大きな成果を上げているDLを用いたAIですが、多くの人々にとってその内容はもはやブラックボックスといって良いのではないかと思います。ですがここ数年の目覚ましい研究・技術発展により現在のDLのモデルは多種多様になり旧来のDLから大きく進化して一つの枠組みには収まらない状況にあります。

今回のトークではDLが構成する各基本要素をしっかりと説明頂きます。どのような仕組みをもつことで機能や性能を向上させてきたのかを見ていくことで、DLシステムの持つメリットやデメリットをよく理解できることを期待しています。

各界で起きている事例など一連の話題をエンジニアの視点で分かりやすくご説明頂きながら、今後DLがどのように技術シーンとそれをとりまくエンジニアを変えていくのかについて皆さんとディスカッション頂ければと思います。

当日のスピーチ資料はこちらです。
http://qiita.com/jiny2001/items/85af7dd163a63b3a152a

続きを読む

JTPA-SVIF合同企画『モバイル/­IoTプロトタイピング体験アイデアソン­』

JTPA, SVIF, JSS 及び日本から研修に来ている社会人/学生で混成チームを作り、誰でも簡単にアプリやIoT製品が作れるツールを使ってアイデア/プロトタイプ作りに挑戦するワークショップ形式のイベントです。

Kinomaについては希望者が居れば事前に貸し出す予定ですのでその時はコメントやメールなどでJTPAスタッフにご連絡下さい。

参加申し込みはmeetupより:http://www.meetup.com/JTPA-Japanese-Technology-Professionals-Association/events/225034038/

9/11 金曜日 HackerDojo (Mountain View) 19:00開場、19:30開始です。

参加費は$10。軽食つき。学生/賛助会員は無料になります。その場合はmeetupにて土田か山中までご連絡下さい。

pop

続きを読む

JTPA 「Sony MESH:発明DIYキット」体験ミートアップ

MESHはソニー株式会社の社内ベンチャーとして始まったプロジェクトで、CESやベイエリアのMakerFaireでの出展を経てついにIndiegogoでクラウドファンディングを開始しました。

今回は通常のギークサロンとは別企画として上記MESHの体験ミートアップを開催します。ご興味のある方は是非お立ち寄り下さい!

日時:1/16(金) 19:00-

場所:Hacker Dojo 599 Fairchild Dr, Mountain View, CA

参加費:無料

お申込み&詳細:http://www.meetup.com/JTPA-Japanese-Technology-Professionals-Association/events/219800199/

 

「MESH:発明DIYキット」とは?

続きを読む

JTPA Tech Talks Vol.1

 

今回JTPAの新たな試みとして、複数のスピーカーによるTech Talksイベントを立ち上げます。JTPA Tech Talksは、様々な分野で活躍する技術者たちに、今関心があること・注力していることを、凝縮された時間の中で思う存分プレゼンしてもらうイベントです。この場を通じて、より多くの技術者が、より気軽に、よりディープにそれぞれの経験や知恵を交換できるようになることを狙いとしています。

第1回は、Androidとゲーム開発を中心として以下のスピーカーの方たちに話してもらう予定です。

JTPA Tech Talks Vol.1
7/25 金曜日 19:00-

続きを読む

2006年 技術交流会 第一回報告

長らく滞っておりましたが、久しぶりの技術交流会開催記録です。次回は、4月の予定です。日時、場所決まり次第、ウェブサイト・メーリングリストでご案内いたします。

続きを読む

技術交流会: ゲーム業界の明日を語る

プレーステーションでおなじみのソニーと、業界を代表するゲームソフト会社のカプコンとEA(Electronic Arts)から、第一線で活躍されている方々をお招きして「ゲーム業界の明日を語る」と題したパネル・ディスカッションを開催しました。

続きを読む

Page 1 of 4

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén