3月のギークサロンではスタンフォード大学医学部精神科教授、同大学睡眠生体リズム研究所(SCN Lab) 所長の西野精治先生をお迎えします。

SCN Labは「世界最高の睡眠研究機関」とも呼ばれているスタンフォード睡眠研究所の主要研究部門で、動物モデルを用いたヒトの睡眠や概日リズム疾患の病因、病態生理の研究や、生物の生体リズムや睡眠・覚醒調節にかかわるメカニズムを分子・遺伝子のレベルから研究されています。また睡眠障害や概日リズム異常を治療するための医薬品の開発のサポートや、新しい睡眠センシングや解析装置の開発等も幅広い活動を行なっています。

当日は同研究所 所長の西野先生の2/28発売予定の最新の著書である「スタンフォード式 最高の睡眠」から、科学的エビデンスより導かれたご自身の最新の研究成果をご紹介頂きます。

■参加申し込みはmeetupより:[https://www.meetup.com/JTPA-Japanese-Technology-Professionals-Association/events/237917075/]

3/16 木曜日 / WSGR 弁護士事務所 / 650 Page Mill Road Palo Alto, CA
19:00開場、19:30時より西野先生のレクチャー開始 参加費は$8。軽食つき。
学生は無料になります。その場合はmeetupにてスタッフの浜本か山中までご連絡下さい。

——

■アジェンダ
・「よく寝る」だけでパフォーマンスは上がらない
・夜に秘められた「黄金の90分」の法則
・スタンフォード式 最高の睡眠法
・睡眠研究の最前線「スタンフォード」で見つけたこと

■スピーカー
西野精治(にしの せいじ)先生 (医学博士)
[ https://med.stanford.edu/profiles/circadian/seiji-nishino ]

米国スタンフォード大学医学部精神科教授、スタンフォード睡眠・生体リズム研究所所長
日本睡眠学会睡眠医療認定医、Journal Sleep 編集委員、日本睡眠学会学会誌「Biological Rhythms and Sleep」編集委員、一般社団法人良質睡眠研究機構 (iSSS) 代表理事 など

1982年 大阪医科大学卒業
1987年 スタンフォード大学睡眠センターで慢性の原発性過眠症であるナルコレプシーの研究に主として携わる。
1999年 家族性イヌナルコレプシーでその原因遺伝子の発見。
2000年 ヒトでのナルコレプシーの主たる病態生理の発見の中心的役割を果たす。
2005年 スタンフォード睡眠・生体リズム研究所 所長に就任
2007年よりスタンフォード大学精神科教授

■受賞歴
1997年 デビッド アーマー アワード (イスラエル睡眠学会)
1998年 アメリカ国立衛生研究所、科学研究者育成 アワード
2003年 ナルコレプシー ネットワーク 科学者賞 (米国)

「スタンフォード式 最高の睡眠」[ https://www.amazon.co.jp/dp/4763136011 ]

同書については上記のurlをご参照下さい。また当日用に若干の在庫があります。ご希望の方は chiekonishinojp (atmark) yahoo.co.jp まで一言お問い合わせ下さいませ。

—–
会場は弁護士事務所 WSGR のご厚意により利用させて頂いております。この場を借りてお礼申しあげます。

2月のギークサロンでは同志社大学にて米国の高度人材・海外投資家に対する移民政策やアメリカ政治について研究されている手塚 沙織氏をお迎えします。

高度人材及び海外投資家に対して経済的観点からそれらの人材への需要が高まるにつれ、各国は高度人材・海外投資家に対しての優遇的な移民政策を実施しています。また本年2月のトランプ政権への移行により米国の移民政策にも大きな変化があるように報じられています。

手塚氏は日本と西海岸・東海岸を行き来しながら、上記の専門と関連して国際労働移動(高度人材と海外投資家の国際移動)についても研究されています。

当日は日本と比較しながらアメリカの政治システムへの理解を深めて頂いた上で、米国の移民政策や、シリコンバレーと移民政策の関係など、手塚氏の研究内容についてご解説頂きます。またトランプ政権にて何が変わり得るのか、あるいは何が変わらないのかについてなどもお話し頂く予定です。

参加申し込み/詳細はmeetupより:[ https://www.meetup.com/JTPA-Japanese-Technology-Professionals-Association/events/237705559/ ]
2/23 木曜日 パロアルト 19:00開場、19:30時より手塚氏のトーク開始
参加費は$8。軽食つき。学生は無料になります。その場合はmeetupにてスタッフの横田か山中までご連絡下さい。

Read More →

11月のギークサロンでは A10 Networks の藤田浩光氏をお迎えします。

藤田氏はセキュリティ関連機能(HTTPプロキシ、SSL/TLSインスペクション、ファイアウォール)のソフトウェア開発に従事されており、オープンソースの公開などもされています。LinuxカーネルやデバイスドライバからWebのフロントエンドまで、今までに様々な言語・レイヤでのソフトウェア開発の経験をお持ちです。

個人情報やクレジットカード情報などを扱うウェブサイトがhttpsで始まるURLである、すなわちSSLによって通信が暗号化されていることは既に常識となっていますが、スノーデン事件やHTTP/2の登場により最近ではあらゆるウェブサイトで常時SSLを促進する流れがあります。当日は、常時SSLの火付け役とも言えるLet’s Encryptという無料SSL証明書サービスや、ウェブサイトのなりすましや通信の盗聴を防ぐSSL通信の仕組みについてご解説いただきます。

Read More →

9月のギークサロンではQualcommの山田勝彦氏をお迎えします。

山田氏は1992年より一貫して組み込み系ソフトウェアの開発に従事されています。1999年からMotorolaにて各種携帯端末の開発に従事され、その後米国シカゴ本社にてAndroidの先駆けとなったDROIDシリーズ等でドライバ周りを担当されてきました。
2011年からは新設されたウェアラブル部門でMOTOACTV(現MOTO360シリーズ)でGPSドライバの開発リーダを務められ、現在はQualcommにて同社のスマホ向け半導体、SnapdragonシリーズのGPSファームウェア開発チームに在籍されています。

現在のスマートフォンやウェアラブル、IoTデバイスにおいては位置情報の取得が各サービスの根幹となっています。ところがモバイルGPSにはいろいろな性能的限界があり、実際に利用される際は様々な工夫が凝らされています。当日はモバイルGPSの基本的な仕組みからその応用例についてご紹介頂き、その限界や将来の動向について伺います。

Read More →

8月のギークサロンでは、東北大学 加齢医学研究所 教授の瀧 靖之先生をお迎えします。

 

瀧先生は東北大学病院 加齢核医学科長として画像診断に取り組むかたわら、同 医学研究所及び東北メディカル・メガバンク機構で脳のMRI画像を用いたデータベースを作成し、脳の発達や加齢のメカニズムを明らかにする研究者としてご活躍されています。今までに読影や解析をされた脳MRIは、のべ約16万人に上られています。

また「脳の発達と加齢の関係」や「睡眠と海馬の関係」に関する研究などで多くの論文を発表され、さらには脳の発達や子供の子育てに関する研究についての著書も多数あり、これらは10万部を超えるベストセラーになっていてテレビなどのメディアにも多数出演されています。

私たち人間は加齢と共に記憶・論理的思考能力といった様々な認知力が低下します。この理由として、加齢に伴い脳の体積が減少することが原因と考えられています。特に近い将来、超高齢化社会に直面する日本にとってはいかに生涯にわたり健康な脳を維持し、ひいては日々の生活の質を高めることが重要であると考えられます。

当日は、脳のMRIを用いてどのような生活習慣が脳の健やかな発達に貢献するか、またどのような生活習慣が健康な脳や認知力の維持にプラスあるいはマイナスの影響を与えるか等についてお話を頂き、子供たち、成人から高齢者が、それぞれどのような事に気を付けてどのような生活習慣を続けていくのが良いかを、最新の脳科学の知見をもとに明らかにして頂きます。

Read More →

7月のギークサロンでは、MITメディアラボ 研究員・所長リエゾンであり MagicCube Inc. チーフセキュリティ サイエンティストの松尾真一郎先生をお迎えします。

松尾先生は暗号技術と情報セキュリティについてシリコンバレーを拠点に活動しておられる研究者です。これまでに暗号技術の研究開発と、ISO/IECにおける国際標準化の活動を行われており、また暗号技術の新たな応用であるブロックチェーンについて、ブロックチェーン専門学術誌LEDGERのエディタやW3Cのブロックチェーンカンファレンスのプログラム委員を務め、Pindar Wong氏ともにブロックチェーンの学術研究を行う国際研究ネットワークBSafe.networkの構築を行うなど、アカデミアの視点からブロックチェーンや暗号技術を成熟させる活動をされています。

また日本国内では7月5日に「ブロックチェーンと人工知能が変える未来」と題して開催される「THE NEW CONTEXT CONFERENCE 2016 TOKYO」でスピーカーを務められる他、東京大学生産技術研究所で海外研究員を務めるなど国内・海外で幅広く活躍されています。

当日は暗号技術の研究やテクノロジーの今までの流れを解説頂き、そのテクノロジーを巡って社会がどう反応し・動いてきたのかについてお話頂きます。またその技術研究の流れの中でその応用としてのブロックチェーンについても解説頂く予定です。

Read More →

2月のギークサロンでは Ubisoftの小保田 宏幸 氏をお迎えします。

Ubisoftは20ヵ国以上に拠点を持ち、総従業員数は1万人近くになるという超多国籍のゲームパブリッシング・開発会社で、Assassin’s CreedやFar Cryを始めとしたPlayStation, Xbox, PC向けの大規模なタイトルを軸に、その他Just DanceシリーズやTom Clancyシリーズなどで知られています。

小保田氏が所属するSan Franciscoスタジオでは Rocksmithという本物のエレキギターを使ったゲーム(2014年のJTPAの忘年会で展示して頂いたゲームです)を代表として、現在はSouthPark The Fractured but Wholeというタイトルの開発を行っています。Ubisoftでは1つのゲームタイトルの開発に複数のスタジオが関わるケースが多く、これも日米のスタジオを中心とした複数のスタジオの合同開発で進められています。

 

当日はリードエンジニアとして活躍されている小保田氏から、複雑・大規模・多拠点化したゲーム開発の現場をご紹介頂きます。また、距離・時差・言語・文化の違うチーム間での開発をどのようなツール・インフラを用いていかにして乗り越えようとしているのか、チームのクリエイティビティを発揮させるにはどうすれば良いかについて伺います。

Read More →

1月のギークサロンでは、NYCの医師評価・予約スタートアップであるゾックドック社でエンジニアとして活躍された後、現在は自身のスタートアップを立ち上げておられる奥西氏をお迎えします。

また奥西氏は日本とニューヨークのテックコミュニティーを繋ぐミートアップ「Japan NYC Startups」を主催しており現地でのスタートアップコミュニティ作りにも注力しておられます。

シリコンバレーにいると意外とアメリカ国内の他州の情報に疎くなってしまうということはないでしょうか。当日は奥西氏に東海岸のスタートアップシーン・テックシーンについて伺います。

参加申し込みはmeetupより:http://www.meetup.com/ja-JP/JTPA-Japanese-Technology-Professionals-Association/events/227921333/

1/20 水曜日 パロアルト 19:00開場、19:30時より奥西氏のトーク開始

参加費は$8。軽食つき。学生/賛助会員は無料になります。その場合はmeetupにて豊田か山中までご連絡下さい。


 

■アジェンダ:

・NYシリコンアレーとは
・シリコンアレーの歴史と最新動向
・NY発信のスタートアップ紹介とテックトレンド
・日本に関わるNYスタートアップコミュニティー

■スピーカー: 奥西 正人(おくにし まさひと)氏 [ https://www.linkedin.com/in/okunishi ]

1997年 アメリカ南部留学
2002年 Syscom (USA) 入社
2004年 ニューヨーク移転
2011年 世界一周旅行
2013年 ゾックドック 入社
2015年 Japan NYC Startups (Meetup) 設立
2016年 Rising Startups 設立

米国在住18年。趣味はブラジリアンドラムと旅行。2011年には念願の世界一周の旅を1年近く行われております。
http://masaokunishi.com/

Japan NYC Startups
http://tokyographicdesigners.com/outside-japan/introducing-japan-nyc-startups/

MeetUp@EGG JAPAN vol.5~医師評価・予約サイト「ゾックドック」のエンジニアが語るNYスタートアップの今~
http://www.egg-japan.com/event_info/2135

lifehacker 在米17年の日本人が語る「エンジニアにチャンスがある街」、ニューヨーク
http://www.lifehacker.jp/2015/08/150828nulab_ny_interview.html

6月のギークサロンではmirrorというビットコインのスタートアップでエンジニアとして活躍されているドライジャ タデウス(Thaddeus Dryja)氏をお迎えします。

ドライジャ氏は三重大学で准教授として英語と国際為替について教鞭をとった後にビットコインに出会い、アメリカ、ヴァージニアユニバーシティで暗号プリミティブとネットワークセキュリティを専攻としビットコインプロトコルのゲーム論的影響について研究されておりました。

現在は新しいタイプの個人間契約を実現するmirrorというスタートアップでエンジニアとして働く傍ら、SFのビットコインミートアップなどでもスピーカーとして活躍されております。

当日はビットコインの基盤となっているブロックチェーン技術の仕組みとビットコインの歴史について一般の方にも分かりやすく解説して頂きます。また、ビットコインを取り巻く現在のトレンドやその将来についてお話して頂く予定です。
(スピーチは日本語です)

参加申し込みはmeetupより:http://www.meetup.com/JTPA-Japanese-Technology-Professionals-Association/events/223121799/

6/19 金曜日 パロアルト 19:00開場、19:30時よりドライジャ氏のトーク開始

参加費は$8。軽食つき。学生/賛助会員は無料になります。その場合はmeetupにて山中かRyoji Parkまでご連絡下さい。


 

■アジェンダ:
・ブロックチェーン技術、ビットコインとは
・ビットコインの歴史
・現在のトレンド と将来
・Mt.Gox事件について

Read More →

5月のギークサロンでは 東京大学大学院工学系研究科 准教授の松尾 豊先生をお迎えします。

松尾先生は日本トップクラスの人工知能研究者として非常に有名で、人工知能(推論、機械学習、ディープラーニング)、自然言語処理、社会ネットワーク分析、ウェブマイニングなどの研究をされています。人工知能学会での各賞の受賞、委員長の歴任など精力的な活動をされているだけでなく、研究成果を応用して世の中を変えていく各プロジェクトを推進されていることでも知られています。

特に松尾研からは「READYFOR?」や「Gunosy(グノシー)」といった実際のサービスが生まれただけでなく、2013年の参議院議員選挙では候補者のtwitter利用分析、ゼクシィ.net ではユーザ行動分析や推薦システムの構築、不動産のスーモでは推薦アルゴリズムの提案など、沢山の共同研究プロジェクトが世に出ています。

当日は松尾先生の著作『人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの』(本年3月出版)についての内容をお話頂き、人工知能が作る未来と現在の状況についてご解説頂きます。松尾先生の著作を見ても分かりますとおり、技術的に高度な内容でも一般の方に分かりやすく解説をして頂ける非常に貴重な機会です。
皆様是非ご参加下さいませ。

参加申し込みはmeetupより:http://www.meetup.com/JTPA-Japanese-Technology-Professionals-Association/events/222146498/

5/1 金曜日 パロアルト 19:00開場、19:30時より松尾先生のトーク開始

参加費は$10。軽食つき。学生/賛助会員は無料になります。その場合はmeetupにて山中か千葉までご連絡下さい。


 

■アジェンダ:
Read More →