大手銀行員からベンチャー企業の世界に飛び込まれた西川さんからは、シリコンバレーのベンチャーと取り巻く環境の違い等を分かり易く教えていただきました。また、実際にベンチャーを始めた際の苦労話などの貴重な体験談もお聞きする事ができました。(インタビュー日:2002年6月14日)

Read More →

日本の大企業ではなかなか思うようにプロジェクトを立ち上げる事ができず、シリコンバレーに来たら出来るようになったというご自身の経験から、その環境の違い、考え方の違いについてお話していただきました。定年退職後に2つの企業をCEOとして立ち上げた曽我弘さんのアグレッシブさを感じることができました。(インタビュー日:2002年6月13日)

Read More →

最近着実に伸びているバイオ業界で日本人の先駆けとして起業を経験した金島さんが感じた、シリコンバレーの現状や日本との研究環境の違いについてお話していただきました。また、バイオに限らず日本とシリコンバレーにおける、考え方の違い、強み弱みなどについても伺いました。

Read More →

大企業のエンジニアからシリコンバレーのベンチャー企業に転職された大島さんは、自らの技術を常に磨き続ける努力をされていました。グローバルな視点に立ち、自分の技術を求めて世界を土俵に転職を決意された経緯、また、日本の大企業とシリコンバレーの企業双方のさまざまな側面をお話していただく事ができました。(インタビュー日:2002年6月18日)

Read More →

Early stageのVCとして様々な技術やビジネスプランを評価している大澤さんに、シリコンバレーにおける起業の現状や起業する人に求められる能力、そして日本の問題点などについて話していただきました。シリコンバレーで良いネットワークを作るのに必要な『人徳と実力』についても伺いました。(インタビュー日:2002年6月17日)

Read More →

「日本企業とシリコンバレー世界は水と油ほどにも違う。どちらにもいいところがあり悪いところがある。その水と油を何とかかきまぜて、新しい価値を生み出すこと。その仕事を日本企業の側にたってサポートする」というのが梅田さんのストーリー。そこに至る経緯、シリコンバレーの仕組みについてお聞きしました。(インタビュー日:2002年6月12日)

Read More →

日本とシリコンバレーの違いは、「intellectual liberty」(知的自由度)。いいアイディアさえあれば、それを実践する知的自由度が多い場所、それがシリコンバレーだ。(インタビュー日:2002年6月13日)

Read More →

自分のやりたい事がシリコンバレーにあったから、という自然な流れでシリコンバレーの企業にお勤めされている3人のエンジニアの方々からは、日本企業とアメリカ企業の雇用、実際の仕事の様子、昇進の形という、アメリカ企業の裏事情をお聞きする事ができました。(インタビュー日:2002年6月15日)

Read More →

個人の能力が非常に重要な意味を持つシリコンバレーで、個人をサポートする仕組みやどのように個人が重要なのかを話していただきました。またいくつもの会社を経験して感じたこともお聞きしました。(インタビュー日:2002年6月14日)

Read More →

中町さんは、シリコンバレーにロングタームで滞在している数少ない日本人弁護士でいらっしゃいます。日本人で、シリコンバレーでの起業を考えている人たちを助けるという形で社会に貢献したいというお気持ちや、コミュニティー作りにかける情熱を強く感じました。また、弁護士というご職業ゆえに、言葉とカルチャーという高いハードルを乗り越えるために、大変な苦労をされたというお話も聞くことが出来ました。(インタビュー日:2002年6月17日)

Read More →